歯科技工士を目指す方へ

 全国歯科技工士教育協議会は、我が国のすべての歯科技工士養成機関が加盟している歯科技工士教育のための組織で、歯科技工士を目指す学生の教育の充実を図ることを目的に設立された団体です。
 歯科技工士は、歯科医師、歯科衛生士と協力してお口の健康を守る医療職です。
 歯科技工とは、むし歯になったときに必要なかぶせものや詰めもの、歯を失ったときに必要な入れ歯、歯並びを治すときに使う矯正装置を作る仕事です。
 歯は食べ物をかむだけではなく、話をするときにも必要です。また、きれいな歯は健康的で美しい印象を与えます。この大切な歯は一度、むし歯になったり、抜けてしまうと自然には治りません。そこで、人工臓器としてのかぶせものや詰めもの、入れ歯が必要になるのです。
 最近は、歯科技工を行う際にコンピュータを利用して行う方法も開発されてきました。このデジタル化した歯科技工を行うのも歯科技工士の仕事です。これまでの「すべて手作業で行う匠の技」と「デジタル技工」が融合した歯科技工がこれからの歯科医療に必要になってきます。
 この人工臓器を作る歯科技工士は、厚生労働大臣免許の国家資格です。
 お口の病気で苦しむ人を救うことのできるやりがいある、人に社会に貢献できる医療職です。
 是非、歯科技工士学校に見学に行って、この素晴らしい仕事をもっと知っていただきたいと思っています。全国すべての歯科技工士学校は皆様のご来校を心よりお待ちいたしております。

会員校の方へ

 本協議会は設立から45年を迎え、全国すべての歯科技工士養成機関が加盟しております。国民の口腔保健に寄与できる優秀な歯科技工士を養成することが教員の責務であり、そのためには、教員自身が日々、研鑽することが必要であると考えております。本協議会は、今後も有意義な講習会、研修会を開催し、教員同士が切磋琢磨する機会を提供していく予定ですので、多くの講習会等の事業にご参加いただき研鑽を積まれ、その成果を学生教育に反映していただきたいと思っております。
 また、本協議会では、ご意見ご要望に対応していく所存です。皆様のご意見、ご提案を積極的にお寄せいただきたいと思います。
 本協議会の運営に今後ともご協力いただきますようよろしくお願い申し上げます。

全国歯科技工士教育協議会
会長 尾崎 順男

歯科技工士について

For dental technician